作成中]大日本帝国憲法と日本国憲法の比較

目次(クリックでジャンプ)

スポンサーリンク

簡易比較表

 

詳細比較表

大日本帝国憲法 日本国憲法
成立 公布 1889(明治22)年
2月11日
(建国記念の日)
1946(昭和21)年
11月3日
(文化の日)
施行 1890年
11月29日
1947年
5月3日
(憲法記念日)
制定形式 天皇が制定
(欽定憲法)
明治憲法の
議会が制定
(民定憲法)
主権者 主権 天皇主権 国民主権
天皇の地位 君主・元首 日本国の象徴
軍隊 天皇の統帥権 戦争放棄(9条)
武力の不保持(9条)
文民
人権保障 臣民の権利
+
法律の範囲内
でのみ保障
永久不可侵の権利
+
公共の福祉
による制限
社会権
(国に行為を要求)
無し 有り
国民の義務 納税・兵役 納税・勤労・教育
立法(国会) 議会 衆議院(選挙)
貴族院(非選挙)
衆議院・参議院
(ともに選挙)
両院の関係 対等 衆議院の優越
行政(内閣) 内閣制度 憲法に規定無し
(1885年に
憲法より先に成立)
憲法に規定
(66条)
責任 天皇に対して
責任を負う
国会に対して
責任を負う
(議員内閣制)
総理 元老・重臣が助言

天皇が任命
国会が指名(67条)

天皇が任命(6条)
司法
(裁判所)
職務執行 天皇の名において 良心に従って
違憲審査 無し あり
地方自治 規定無し あり
改正
手続
天皇が発議

2/3が出席する
衆議院と貴族院
出席議員の
2/3の賛成
衆議院参議院
定員の2/3以上
で発議

国民投票
過半数の賛成
タイトルとURLをコピーしました