使用した生徒は第一志望合格!中学生の高校受験対策の理社のまとめ本

「来年は受験…県立高校には理科と社会もやらないといけないけど…何をしたらいいの?!」という中学生と保護者の方へ。理科と社会をやろうというアナタは賢いです!なぜなら理社の配点が英数国と変わらない公立高校の受験では暗記科目をきっちりとるのが得点を安定させる近道だからです。そこで東大卒講師歴20年の管理人「そうちゃ」が高校受験の生徒に使用した本をご紹介します(その生徒さんは第一志望校に見事合格しました)。

スポンサーリンク

実際に中3の生徒を指導するにあたって、書店で1時間以上、10冊以上を読み比べて購入しました。よくお世話になっている書店「Libro」さんの公式サイトはこちら

こちらです♪

今回は新興出版社の「合格BEST本」をオススメします!

他の参考書と読み比べると荒削りながら「良いもの作るぞ!」という熱意が感じられ、随所に「受験生が使いやすいように」という創意工夫が見られ、サイトを使って教材を作っている者として非常な共感を覚えました♪

合格BEST本(理科)

名前や装丁などがちょっとダサい気もしますが(①)、中身はしっかりと充実しています!(②)

②目次

復習だけでなく予習にも使える♪

次に中をチラ見…。各章は「復習ナビ」というまとめ(③)と「復習完成テスト」という問題演習(④)の2部構成になっています。「復習完成テスト」はコピーして何度も使うとよいでしょう。

④完成テスト

こちらで定着度を確かめます。コピーして使うのを推奨

解答・解説も見やすいですね(➄)。左下に「観察実験の重要ポイント」というまとめがある(➅)のに熱意を感じます。

➅重要ポイント

実験観察の問題は良く出題されますね!

さらに特筆すべきは別冊付録の暗記チェック冊子で、重要事項が赤字で書いてあり付属の赤シートで暗記できます。小さいので持ち歩きにも適していて「摸試・入試前の見直しに非常に便利かな」と思い購入の決め手になりました。実際、自分の生徒さんも「使いやすい!助かった!」と絶賛していました。

図1:

説明書き

中はこんな感じで、非常にまとまっているのが分かります。ところどころに見える鉛筆書きは、私が指導するときに重要基本事項を追加で書き込ませたものです。

図1:

説明書き
図2:

説明書き

この付録だけでも買う価値があると思います。

ただ、どんなに良い本でも、実際に取り組まないと意味がありませんね。実際、私の生徒さんも部活が忙しくて理社が後回しになりがちでした。

そこで「チェックシート」で全体と進度を見えるようにして激励と管理をしたところ、少しづつ取り組むようになってくれました♪。今回は、この「チェックシート」のPDFをダウンロードできますので、よろしければご利用下さい。

最後のチェックシートは別にして…これだけの充実度で税別740円ですので高くないとは思いますが、さらに言うとこういう本は受験が終わったらゴミになってしまうかもしれませんから、早く買えば買うほど使用期間が長くなってお得です。

例えば1・2年のうちから定期テストに合わせて学校のワークと一緒に使っておけば、3年になった時に見直して1・2年の復習があっという間にできてしまうので他の生徒さんに一歩先んじることができますね。

合格BEST本(社会)

同じシリーズの社会です。こちらも購入して生徒さんに使ってもらいました。

理科と同じく別冊の暗記チェック本が便利です。理科よりも更に暗記の比重が高いので効果は高かったです。生徒さんは入試本番の試験場にも持っていき、見事合格しました!

合格BEST本(英)(数)(国)

英数国もあります。今回のテーマからは外れますが、念のために紹介しておきます。

最後に

爽茶そうちゃ
この本を活用して、受験に向けて頑張って下さい!
この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです。
タイトルとURLをコピーしました