[作成中]中学受験】「気持ち作文」で物語文の記述力を固める

記述が苦手!特に物語文の記述が書けない…」という中学受験生の方へ

あなたは記述する内容を「全部」考えて書かなければいけないと思っていませんか?そんなことはないのですよ!

実は、記述というのは質問に応じた「型」を整えるだけで20文字くらいはあっという間に埋まってしまうのです。

だから30字の記述なら10文字くらい、50字の記述でも30文字くらいを考えれば良いのです。

しかも、気持ちの場合は書く内容もほとんど決まっているので、少し練習すれば「字数を埋める」のは難しくはありません。

その練習が難しそう…方法が分からない…という方のために、東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が物語文で一番聞かれる「気持ち」の記述の型を身につけるトレーニング「気持ち作文」の方法を分かりやすく説明します。

記事を真似して作文しているうちに、50字くらいの記述なら楽勝になるでしょう

スポンサーリンク

記述の「型」

記述には「型」がある

質問内容に正しく答えようとすれば、答えの形は自ずと決まってくる。

つまり質問の型で答えの型・記述は決まってくる。

例えば

 

気持ちの記述の「型」

気持ちを答える場合の型も決まっています。

 

 

次に、「中心部分」「付属部分」の内容と、このような型になる理由をみていきます。

気持ちの記述の内容と形

具体と抽象

 

 

気持ちの中心的内容

端的な気持ち

喜怒哀怖楽驚愛憎

これは抽象的な内容で字数を増やすのは難しい

 

気持ちの付属的内容

 

具体的な内容なので字数を増やすのはこちら

気持ちの程度

 

 

気持ちの原因

 

 

記述の形

端的で短い中心部分を具体的で長い付属部分が修飾する形で書く

「(原因)(程度)、(中心部分)な気持ち」

 

記述の作成計画

まず、中心内容(端的な気持ち)を決める。

次に、それを修飾する付属的内容を決める。字数を増やして規定字数に達するように

 

(原因)(程度)で字数が埋まらない場合、

対比または変化を使って倍にしたり、

 

中心部分をもう1個作って倍にする

 

気持ち作文トレーニング

(2021.7.18作成中)

 

オリジナル教材のご案内

歴史が苦手な小6受験生のために教材を作りました。
興味がある方は「そうちゃ版年表で歴史学習」を御覧ください。

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
中学受験をご検討/お取組中のお父様・お母様。
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます!
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいい?「塾の選び方は?「塾の成績・クラスが下がった…「志望校の過去問が出来ない…」等のよくあるお悩みに「お悩みへアドバイス」で答えました。

また、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?対面/オンラインの学習相談/コンサルを受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました