作成中]読解力をアップする勉強法

「読解力をつけたい」という方へ、読解力の中身と読解力をアップする勉強法を東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」がお伝えします。

スポンサーリンク

読解力とは、文章を単なる単語の羅列ではなく「情報の配列」として理解することで、筆者が読者(私達)に伝えたいことを正確につかむ力です。

伝えたい内容は文章の種類によって異なるので、文章の種類に応じた読み取り方=読解の公式が存在します。

したがって読解力をアップする勉強法とは、文章の種類に応じた「読解公式」を理解し、実際の文章にそれを適用する訓練を重ねることです。

それでは、文章の種類別にみていきます。

説明的文章の読解力アップ

説明的文章で読み取ることは❶テーマとそれに対する筆者の意見❷筆者の意見と反対意見の対立構造❸筆者の意見内での対比構造 です。

これらを読み取る方法が「説明文の読解公式」です。参考記事「説明文の読解公式」を見て下さい。

生徒さんのレベルに応じた難度・長さの説明的文章の問題集を読みながら読解公式を早く正確に適用できるように練習します。

おすすめの問題集については「小学生におすすめの問題集」をみて下さい。

物語的文章の読解力アップ

物語的文章で読み取ることは❶物語の設定(背景・人物のキャラクター・人物間の関係)❷場面ごとの人物の感情の変化❸場面ごとの人物間の関係の変化 です。

これらを読み取る方法が「物語文の読解公式」です。参考記事「物語文の読解公式」を見て下さい。

随筆

説明的文章で読み取ることは❶事実・体験に関する筆者の意見❷筆者の意見の特殊性❸筆者のキャラクターの特殊性 です。

これらを読み取る方法が「随筆文の読解公式」です。参考記事「随筆文の読解公式」を見て下さい。

韻文(詩・短歌・俳句)

 

その他

 

タイトルとURLをコピーしました