[作成中]暗記と復習に「メモリチェック」理科の使い方。コアプラスとの比較も

「理科の見直し・総復習をしたい」という中学受験生の方へ

定評がある「メモリーチェック理科」の特徴と効果を倍増させるやり方を紹介します。

 

スポンサーリンク

特徴

問題集と参考書が1つに

「メモリチェック理科」は、一つの単元について左右見開き2ページで1セットになっています。

左ページは「要点のまとめ」になっていて、その名の通り基本事項が図や表でまとめられています。右ページは「ポイント・チェック問題」で基本事項の確認テストができます。」

メモチェ理科の基本構成
左ページ
要点のまとめ
&
右ページ

ポイントチェック問題
左ページが参考書で右ページが問題集

つまり、左ページが参考書で右ページが問題集になっている感じです。

これ1冊で参考書と問題集の2冊分の学習ができるのですね。

理科の全範囲をこれ1冊で

理科の全範囲をサッと見直すことができますね。

メモリチェック目次

こんな感じ

といいつつ、抜けている単元もありますね(汗)

・星の色温度
・雲

分厚くなってしまいますが「塾技100理科」(文英堂)だとカバーされています(趣旨がことなるので今回は詳述しません)

「メモチェ社会」との違い

メモリーチェック社会の使い方」で紹介した「メモチェ社会」と使い方が少し異なります。

「メモチェ社会」は左ページは知識のまとめで右ページは文章形式の問題、と左右の形式がかなり異なっているので、左右量ページをこなす必要性がありました。

((画像))

しかし「メモチェ理科」(特に生物地学分野)は、右ページの問題が単に知識を聞いているだけのことが多いのです。

生物分野の単元例
右ページ
要点のまとめ
左ページ

ポイントチェック問題
右と左は同一に近い内容

したがって、理科が苦手なお子さん以外は、左だけをチェックペンで潰して暗記素材にするだけでも大丈夫かもしれません。

使い方

基本的には「メモリーチェック社会の使い方」と同じように使います。

ダメな使い方

 

正しい使い方

 

「コアプ」との比較

SAPIXさんから出ている似た目的の教材が「コアプラス」(コアプ)

ざっくりいうと、メモチェ社会とコアプ社会と同じです(加筆を予定しています)

➊メモチェは基本的でコアプはやや応用的。
➋メモチェには演習ページがあるがコアプにはない。

したがって、以下の条件にあたる場合は「メモチェ」をおすすめします。

メモチェがおすすめの人

●まだ単元学習中または学習後未定着で基本知識が怪しい

●「問題慣れ」「テスト慣れ」をしておらず「書く」「解く」ことが必要

●難関校を第一志望にしていない

実際のところは、小6以前からメモチェを使い、小6の秋以降にダメ押しでコアプで総復習という組合せが「万全」です。

購入はこちらから

どうぞ

時間が本当に無い!方へ

入試にはこの本くらいの知識量が最低限必要なので、入試直前にはマスターしてほしいのですが、

6年になって学習を始めたり、摸試がすぐ後に控えている人はもっと知識を絞った方が良いかもしれません。

そのような方におすすめの本はこちらです(メモチェ等と併用する形になります)

(作成中)

オリジナル教材のご案内

歴史が苦手な小6受験生のために教材を作りました。
興味がある方は「歴史が苦手な人もそうちゃ式年表プリントでリスタート!」を御覧ください。

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
中学受験をご検討/お取組中のお父様・お母様。
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます!
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいい?「塾の選び方は?「塾の成績・クラスが下がった…「志望校の過去問が出来ない…」等のよくあるお悩みに「お悩みへアドバイス」で答えました。

また、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?対面/オンラインの学習相談/コンサルを受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました