暗記と復習に】オススメ参考書「メモリチェック(社会)」紹介

「社会の全範囲を復習・暗記したい」という中学受験生の方へ。東大卒講師歴20年の管理人がオススメの参考書「メモリチェック」を効果を倍増させるやり方と共に紹介します。特に「公民を復習したい」人にはオススメです。

メモリチェックシリーズは他に「理科」もありますが、理科と社会では使い方が異なりますので、この記事を参考にして成績アップと志望校合格を実現して下さい。

問題集と参考書が一つに♪

「メモリチェック」シリーズは、一つの単元について左右見開き2ページで1セットになっています。

左ページは「要点のまとめ」になっていて、その名の通り基本事項が図や表でまとめられています。右ページは「ポイント・チェック問題」で基本事項の確認テストができます。」

ポイントチェック問題

右ページは問題集

つまり、左ページが参考書で右ページが問題集になっている感じです。

これ1冊で参考書と問題集の2冊分の学習ができるのですね。

社会の全範囲をこれ1冊で

地歴公を一冊でカバー

((目次を準備中です))

5年生までの「単元学習」の時は、その時々の使用テキストを参照して学習すればOKかもしれません。

しかし、6年になり過去問などの「総合学習」を始めるとそれまで使ったテキスト全部をひっくり返しながら調べないといけなくなります。

そこで「メモリチェック」一冊をそばに置けば、すぐに調べて記憶を活性化し定着し直すことができます。

特に公民の学習にはオススメ

もちろん、5年時までに使っていた他のまとめ本を引き続き使うのはアリです。当ブログでも参考記事「サピックスの地理・歴史のトレーニングシリーズ」で紹介しています。

しかし、公民に関しては事情が異なります。6年から学習する塾が多く総合学習の時期と重なってしまうせいか、地理歴史のようなまとめ教材が公民には見当たらないのです(以前は学研から「暗記の天才」が出ていたのですが…)。

そこで「メモリチェック」を公民のまとめと暗記に使うことをすすめます。

効果を倍増させる使い方

ダメな使い方…

私の経験上では、単に「メモリチェックを学習しなさい」と指示すると、お子さんは「左ページを見ながら右ページを解く」ことが多いです。

確かにそのやり方でも「勉強した」という形はできるし、本人も勉強した気になります。しかし、後で同じ範囲を確認テストしてみると余り覚えていない事が多いのです。

つまり、このやり方は記憶が定着しない非効率的な学習なのです。

正しい使い方

まず制限時間(5~10分)を決めて左ページを読み覚える努力をします。

時間が来たら左ページを隠して右ページを解き、答え合わせをします。(この時解くのは右ページ全部でなくても構いません)

ここからが「本番」です。間違えた事項を左ページから探してチェックペンでつぶします。さらに周囲を読んで、覚えた自信がないところもチェックペンでつぶします。これで「自分専用の暗記教材」ができました

このように左ページ全体を「自分専用の暗記教材」化しておけば、摸試やテストの前に見直すだけで得点アップが出来ますよ!

学習計画の立て方

春休み・夏休みなどの休暇期間や、6年の夏休み以降の総復習期間などに本書を使った復習をする際は、きちんと計画(ペース表)を使って学習しないと「結局終わらなかった」となりがちです。

そこで実践的なペースの立て方を紹介します。

((2020.1.26記事作成中))

購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました